どうにもイメージの悪いキャッシング業界

キャッシングが悪いイメージを持っているというのは、TVCMで有名タレントを起用しても、女性を起用しても完全には払拭できないものですが、それでも昔に比べれば消費者金融に対するイメージというものはいくらか向上したと思われます。

 

昔は現代のインターネットのように情報を伝達するものがなく、勝手はイメージや想像上のもので言われることが多かったためで、実質的に消費者金融自体は規制などによって法的に縛られた以外のことに関してはそこまで大きくは変わっていません。ではなぜイメージが悪い、「悪」だと取られてしまうのかについては、やはり決して低くは無い金利にあるかと思います。

 

消費者金融での借入では、大体が実質年率で17.8%~18.0%の借入となります。それはアコムキャッシングにも同じことが言え、初回の借入については例えば限度額30万円で実質年率は18.0%といった感じになるかと思います。この30万円を全額借りると利息負担は大きくなりますが、例えば給料日前の少しの借入として、給料後にすぐに返すとすれば利息はいくらになるのでしょうか。

 

10日後に返済が可能で、5万円の借入とすれば、実質年率18.0%で借りていても発生する利息は739円に留まり、非常に低いと言うことができるかと思います。これがキャッシングの利息であり、借り方返し方次第で高くも安くもなると言うのが大きな特徴となっています。

 

消費者金融の中でも下限金利に注目して借りるなら、モビットとなるでしょう。モビットは実質年率3.0%~18.0%の金利設定で、限度額次第ではある程度の低い金利で借りられる可能性があります。

 

ネット申し込み後に契約機を使うと早いカードの受け取りも可能となるため、急な出費でお困りの方は契約機が多数設置されているモビット大阪市を参考にしながら手続きを進めてみましょう。